あまりにも若い

ブログのハンドル名

睡眠面膜會堵塞毛孔


近年來,睡眠面膜越來越火,特別是成為了很多懶MM鍾愛的對象。但是使用方法不明確或盲目追捧天天使用,很可能適得其反。原本期望達到的祛干紋的功效沒有實現,反而覺得越來越干,甚至是產生了皺紋。


近年來,睡眠面膜越來越火,特別是成為了很多懶MM鍾愛的對象。但是使用方法不明確或盲目追捧天天使用,很可能適得其反。原本期望達到的祛干紋的功效沒有實現,反而覺得越來越干,甚至是產生了皺紋。


當你驚恐這種情況發生時,或許正在懊惱品牌的選擇是否正確?但究其根源,有沒有想過是不是使用方法不正確呢?今天愛美小編就給各位MM詳細述說一下睡眠面膜的使用技巧吧。
皮膚專家指出,晚上11時至凌晨5時是皮膚細胞生長及修復的旺盛期,由於新陳代謝加速,因此營養接收率在此時會比日間高出一倍之多。睡眠面膜不同於普通的面膜,它大多成凝膠狀或膏狀,著重補濕,再加上超級豐富的滋養成分可媲美精華液,敷臉後不需要用水沖洗直接進睡即可。睡眠面膜不但能解決皮膚乾澀缺乏光澤的症狀,還能縮短進睡時間、進步睡眠質量。


正確使用睡眠面膜:
步驟一:
做好清潔工作,否則睡眠面膜會堵塞毛孔。
選擇睡眠面膜的MM大多都是懶MM,但可別以為用了睡眠面膜就萬事大吉,用前的護膚步驟可是一個都不能少哦。老幾樣還要按部就班,卸妝、潔面、拍水、乳液,這些仍要有序進行。然後,我們才能安心的抹上睡眠面膜,美美的補個美容覺。
由於睡眠面膜大多在臉上停留較久,因此如果沒有做好清潔和護膚反而會使白天殘留的灰塵和彩妝堵塞毛孔,起到相反的效果,因此要想美就千萬別偷懶啊。
步驟二:
清潔後,不要直接敷面,應該先用一些乳液和精華素。
不可在清潔後直接敷面。由於睡眠面膜與普通面膜相比本身的油脂成分較少,因此長期使用對皮膚改善並不會太大,應該先用一些乳液和精華素,為皮膚充分打底再敷面膜,會有事半功倍之效。


なんでこんな事に


 ユノとテミンは車の中だった。


俺はいったい何をしてるんだろ?こんな事してどうなるんだ?チャミナがダメなら、テミ


ナ…そんなもんだったのか?俺の気持ちはそんな簡単なもんだったのか? 


…違う、ただ苦しかったんだ…チャミナが離れていきそうで、怖くて、不安で…チャミナ


…おまえに逢いたい…


おまえに逢って、抱きしめたい…


「テミナ…すまない… やっぱり帰ろう」


「ユノヒョン!どうして?」泣きそうになるテミン。


 その時ユノの携帯が鳴った急凍海產



「はい、もしもし…  え? 今なんて?」ユノの手が大きく震えだす。


「ユノヒョンどうしたんです?大丈夫ですか?」


「すぐに行きます」ユノはそう言い、電話を切った。


「運転手さん!明洞病院へ!急いでください!!」


「ユノヒョン!どうしたんですか?病院って?誰がどうしたんです?ヒョン!ヒョン!」


テミンはユノの肩を揺すり、蘆薈必死で聞くがユノはあまりのショックで答える事が出来ない


「… チャミナ …」そう小さく呟くのが精いっぱいだった。


「チャンミンヒョンがどうしたんですか?」ダメだ…テミンはユノではらちが明かないと


思い、ミノに電話をする。


「もしもし、チャンミンヒョンに何かあったんですか?」


「あ、お前丁度良かった。ユノヒョンも一緒だろ?俺も今病院に向かってるんだけど、</p>
チャンミンヒョン車で事故って、今意識ないらしいんだ…すぐに病院へユノヒョンと行っ


てくれよ。さっきチャンミンヒョンから電話あって話したばっかりだったから、びっくり


したよ。おまえとユノヒョンの事聞いてたから…」


「え?ミノヒョン、チャンミンヒョンに言ったんですか?僕とユノヒョンの事?」


「ああ、テミンどこ行ったか知ってるか?ってヒョンが聞くから、ユノヒョンと一緒に出


掛けましたよ、って答えたんだけど… いけなかった?」


「ミノヒョンはかなり鈍感ですからね… 仕方ありませんよね…」


「何?なんで俺が鈍感なんだよ!どういう意味だよ!!」


「今そんな事でもめてる場合じゃないので、またゆっくりと。じゃぁヒョン切ります」


 テミンはユノの震える背中をさすりながら、


「ユノヒョン、大丈夫です。きっとユノヒョンが行けば、チャンミンヒョンは気づきます


よ…。ごめんなさい、ミノヒョンが僕と一緒にユノヒョン出かけたって言ったみたいで…」


ユノはそれを聞いて、ハッと顔を上げた。


…だから、こんなに遅い時間に車で出かけたりしたのか?…


チャンミナ…無事でいてくれ!頼む!


 病院に着き、電話で聞いた病室を探す。


チャンミナ!


 恥ずかしそうに俯き加減で笑うチャンミンの笑顔がユノの頭を一杯にする。


あった!ここだ!病室を見つけ、一瞬開けるのをためらったユノだったが覚悟を決め、勢


いよくドアを開ける。


 大勢の人の中で頭に包帯をまき、眠るチャンミンを見つけ、


「チャミナ!」と叫ぶ。


 その声を聞き、皆が場所をあける。


ベッドの横で膝まづき、チャンミンの手を握り泣いているチャンミンの母親が


「ユノ君…早く…ここに来て  あなたを呼んでいるわ、あなたの名前ばかりを…」


ユノは駆け寄り、チャンミンの手を握る。


その手には指輪が光っていた。


「チャミナ!チャミナ!」大きな声で眠っているチャンミンを呼ぶが、何の反応もない…


「お母さん、チャンミンはどうなったんですか?」


「先生は命には別条はない、っておっしゃるんだけど、頭を強く打ったみたいで意識が戻


らないのよ…」




 ユノはチャンミンの手を両手で握り、自分のおでこにあて、祈った。


「チャミナ!チャミナ!」何度呼びかけても、目覚めない。


たまに「ユノヒョン…」と悲しそうに口にするチャンミンを見て、ユノは涙が溢れた。


…どうして、そばにいなかったんだろう…


…どうして、チャミナを置いていってしまったんだろう…


別れる事なんかできないのに…


離れる事なんて、出来るわけなかったのに…

俺の肩をポンと叩く


時間、そうしていただろう。
カーテンの隙間から朝日が差し込んで、俺に朝が来たことを告げる。
それでも花音は目を醒まさず、眠ったままだった。


隣の部屋で、俺の携帯が鳴る。
兄貴が『マネージャーからだぞ?』と声を掛けるが、俺は出る気にならなかった。
しかたない、と諦めた兄貴が応対に出る。


『今日はドラマの撮りがあるんですが…』


俺だって、自分のスケジュールくらい把握してるさ。
でも今日は行けない…行きたくない。
ここを…花音の傍を離れるなんて無理だ。
そう言った俺に、兄貴は窘めるように言う。


「それで花音さんは喜ぶと思うのか?
 俳優・北大路悠月を誰よりも応援してくれたのは花音さんだろう。
 昨日の今日で辛い気持ちはよくわかるが、冷静になりなさい。」




「お前が帰ってくるまで、ちゃんと見てるから。
 さっさと仕事を終わらせて、帰ってきなさい。」


スッと差し出された俺の携帯。
電話の向こうで息を呑むマネージャーに。


「1時間後に下に車付けといて。
 それと、今日のスケジュールはドラマの撮り以外はキャンセルして。」


それだけ言うと電話を切った。
そして、眠り続ける花音にまた囁く。


『ごめんな。仕事行ってくる。
 お前の大好きな北大路悠月を見ててくれよ。
 大丈夫、すぐ戻るから。ゆっくり休めよ。』


そして、花音の頬にキスを落とし、立ち上がった。